ニキビ薬副作用

ベピオゲルの効果と副作用は!?

ベピオゲルとは?

ベピオゲルとは2015年4月に保険適用になった
あのプロアクティブ(アメリカ版)にも配合されている
過酸化ベンゾイルという成分を配合したニキビ新薬

従来のニキビ薬で効果が感じられなかった方や
副作用に悩まされたニキビ肌の人達に注目されています。

 

 

ベピオゲルの効果

ベピオゲルの効果は
ディフェリンゲルと同じように角質を剥離するピーリング効果
そしてニキビの原因菌アクネ菌を殺菌する作用があります。

 

これまでのニキビ薬と言えば、
ディフェリンゲルが重宝されていたのですが
それも超える効き目があるのではないか、と話題になっています。

 

炎症のあるニキビや、まだ炎症の現れていないニキビに対しても
効果を発揮するので、ニキビ跡以外のニキビ治療に効果が期待できるということです。

 

つまり初期のニキビや炎症を起こしている
赤ニキビや黄ニキビの人に処方されています。

 

また、従来のニキビ薬は
ピーリング効果のある薬と抗菌剤を併用していましたが
皮膚科での治療として一般的でしたが
このベピオゲルは抗菌作用も持っているので
単体での治療も可能になりました。

 

 

ペビオゲルの副作用

ベピオゲルの主な副作用は
赤み、腫れ、かゆみです。

 

しかも副作用に悩まされる割合が高く
ベピオゲル使用者の約4割強の人に何かしらの副作用があらわれています。

 

とはいえ、ペビオゲルに効果の近いディフェリンゲルの場合
約8割の人が何らかの症状に悩まされているので、まだマシと言えるかも知れません。

 

 

尚、ベピオゲル製造販売元(マルホ株式会社様)が
公式に発表している副作用の症状をまとめますと以下のようになります。

 

・皮膚に粉がふく
・皮膚がうすくはがれる
・刺激感(ヒリヒリする)
・皮膚が赤くなる
・乾燥する

 

 

尚、比較されがちなディフェリンゲルの場合ですが
こちらは随伴症状(副作用と違い治療の過程で通らなければならない症状)で
乾燥、ヒリヒリ感、落屑(らくせつ)、赤み、かゆみがあります。

 

メルライン ラ・ミューテ リプロスキン

メルライン

あごニキビや大人ニキビに悩む
25〜40歳の女性が選ぶニキビ用ジェル

 

⇒ メルライン詳細

ラ・ミューテ(lamutee)

新しく出来るニキビを撃退。
大人ニキビと肌荒れに。

 

⇒ ラ・ミューテ詳細

リプロスキン

ニキビ跡に悩む女性が選ぶ
ニキビ跡に特化した化粧水。

 

⇒ リプロスキン詳細