ニキビ薬副作用

白ニキビが顔中にできたのでダラシンTゲルを使った所、ヒリつき顔は赤く

白ニキビが顔中にできました。

 

そしてその治療のために皮膚科にいきました。

 

そしたら、イオウローション以外に、ダラシンTゲルが処方されました。

 

このお薬は、最新のニキビ薬になりまして、
ピーリング効果を発揮して、徐々に、ニキビをなくしていくというしくみの新薬だと
皮膚科医から、せつめいをうけました。

 

ただ、ひとによっては、つかいはじめてから、ひりついたり、
顔があかくなるという、副作用がでるみたいですが、
がまんし、つかいつづけることで、すこしずつ、肌がきれいになっていくそうです。

 

この新薬に、期待をいだきながら、さっそく、処方された
ダラシンtゲルを夜から、洗顔後に、つかいはじめました。

 

すぐに、ひりつきや、赤みはでなかったため、
処方箋どうりに、1日二回、洗顔後に、つかいつづけましたところ、
しだいに、肌があかくなりまして、ヒリヒリしだしました。

 

この副作用を、がまんして、のりこえたら、
きっと、きれいな肌に、うまれかわると信じて、つかいつづけましたが、
いっこうに、改善せず、ひりつきは、ひどくなり、ついには、かぶれてしまいました。

 

あわてて、医者に相談したところ、
副作用ではなく、かぶれをひきおこしてると言われて、結局、使用を中止いたしました。