ニキビ薬副作用

皮膚科で貰ったダラシンTゲルで痒さが治りません。

長野県に住む20代後半の女性です。

 

もともとニキビ症でしたが、20代半ばには落ち着きました。

 

しかし、子どもを出産してから背中のニキビがひどくなり
痒くてしょうがないので、子どもがまだ小さかったのですが
無理して親にお願いをして預け、評判の良い病院にかかることにしました。

 

 

このとき、初めての皮膚科だったのですが
医師はとても親身に悩みを聞いてくれました。

 

 

背中を診察してもらうと、

 

「これはヒドイなぁ。」と言って、
ダラシンTゲルという薬を処方してもらいました。

 

少し強いので、ニキビの箇所だけに塗るようにと言われました。

 

 

しかしこれで、この痒みとおさらばできる!と張り切って
皮膚科で薬を貰った晩からお風呂上がりに旦那に塗ってもらうようにしました。

 

 

しかし、何日塗り続けても、
ニキビは少し減っている感じはしましたが、痒さがなおりません。

 

またボコボコの背中は変わらずで
とくに汗をかくと痒くてたまりませんでした。

 

自分で見えないだけあって
どうすることもできずにもらった薬を塗り切ってしまいました。

 

 

あんなに苦労して時間を作って行ったのに、
ほとんど効かない薬を処方されてしまい、もう一度病院に行く気になれませんでした。

 

皮膚科の薬は、合う合わないが難しいと聞いたことがあったので
評判の良い病院を選んだのに結局ダメでした。。