ニキビ薬副作用

皮膚科で処方される「ディフェリンゲル」というニキビ薬

ディフェリンゲルとは
ピーリング作用のある塗り薬で
病院で経過をみながら使用します。

 

毛穴づまりのニキビの治療に
効果的な薬になります。

 

 

主な副作用は

 

赤み、かゆみ
皮膚がポロポロ剥がれる
乾燥、ヒリヒリする痛み

 

が副作用として挙げられます。

 

 

皮膚科医の先生のはなしでは
「副作用というよりは、改善に向かっている途中にでる
 随伴症状(ずいはんしょうじょう)です」とのこと。

 

簡単に解説するならば
内出血してる部分が日に日に回復するにつれ
グロテスクな見た目になってく、、という感じです。

 

なので、この見た目に耐え切れず
使用を辞めてしまって、治らない方も多いです。

 

なので、こういった副作用があると知って
使い始めてから暫くは辛いですが耐えましょう。

 

 

尚、この副作用に関しては
2週間程度で落ち着く方が一般的で
実際に使ってみるとわかるんですが
「落ち着いてからの使用量が難しい」です。。

 

ここが肝になります。

 

ディフェリンゲルは
落ち着いてからの使用量が重要です。

 

毎日つけると肌が赤くただれてしまいますし、
使わずにいるとニキビが増えてきちゃいます><

 

なので、肌状態に合わせて上手に使える人向けですね・・・。

 

私は使い始めの2週間は回復できましたが、
完治という感じではなかったです。