ニキビ薬副作用

せっかくニキビを治す為のお薬なのに、、、

どのようなお薬にも必ず副作用があります。

 

ニキビを治そうと病院でニキビの薬を貰ったのに
肌に合わず、副作用からニキビが悪化したり
別の症状に悩んだりという方もいます。

 

当サイトでは
ニキビを薬で改善しようとした方の体験談を広く募集し、まとめています。

 

現在ニキビを薬で治そうと思っている。

 

「でも副作用はこわい」

 

そんな方のお役にたてば嬉しいです♪

 

またニキビ薬の副作用を嫌う方に選ばれている
化粧品も掲載していますので、参考にして下さい^^

 

 

 

知っておきたい有名ニキビ薬の副作用

ディフェリンゲル
ディフェリンゲルの副作用は
塗布した部分がどんどん痒くなることがあります。

 

起きている時は辛くても何とか我慢できますが
寝ているときに無意識にかきむしってしまうと
翌朝、ニキビと傷で赤みが増し
グロテスクな見た目になる方もいます。

 

 

ダラシンTゲル
ダラシンTゲルの副作用は
カンジタになる場合もあるほど強い薬ということです。

 

赤みや乾燥がひどくなり、
痒みがひどいことから掻いてしまうと
ニキビは治るどころか悪化します。

 

これにより使用を中止してしまう方はたくさんいます。
とにかく敏感肌には強すぎる薬です。

 

つければつけるほど、肌は赤くなり
ヒリヒリしたりピリピリと肌がいたくなる方も多いです。

 

ディフェリンゲル
ディフェリンゲルの副作用は
アレルギ―があり患部に塗るとそこからは恐ろしい痛みを伴うことがあります。

 

阿鼻叫喚です。
なので、痛いわヒリヒリするわの地獄を味わう方もいます。

 

またツッパリ感もあるので
それがストレスになり皮膚がぽろぽろ落ちちゃって困る方もいます。

 

またディフェリンゲルの副作用である
乾燥の対策として化粧水や乳液をぬる場合は
その『手間』も視野に入れなければいけません。

 

高頻度で赤みが発生し
顔全体が赤く腫れ上がり、痛くなったり
マスクで隠そうとしても、痛くて堪らないなんて方もいます。

 

いくらニキビのためとは言え
2週間も激痛に耐えられないのが普通ですよね?

 

またあるママ友の話によると
副作用は思っていた以上に重く、顎ニキビで悩んでいた時よりかなりひどい肌になったり
塗ったところが全体的に真っ赤になってしまい、皮はベロベロにむけてしまう場合も。

 

皮膚科に行く前は何も言って来なかった友人にさえ
「顎どうしたの?」と聞かれるようになり本当に憂鬱になった方もいます。

 

坑アレルギー剤
坑アレルギー剤の副作用は
眠気がさし、全く効き目が無いなんて事もザラです。

 

ステロイド
ステロイドの副作用は
塗るのをやめると同時にリバウンドで酷くなってしまったり
またベトベトしているので、家事をする際にはとても不便です。

 

もちろん治ると思って使っても
痒くなりヒリヒリしてしまう方も多数です。

 

アトピーがある場合は
余計に使いたくないですよね。

 

アクアチム軟膏
アクアチム軟膏の副作用は
そう痒感、刺激感、発赤、潮紅、丘疹
顔面の熱感、接触皮膚炎、皮膚乾燥、ほてり感などが報告されている。

 

赤みは引いても根本から改善できるか微妙という点です。

 

1週間ほど朝晩顔を洗った後に塗ってみるとわかりますが
ニキビの赤みは引くのですが、芯があるようなニキビのしこりは
全然良くならない場合もよくあります。

 

 

テラマイシン
テラマイシンの副作用は
痛みや脂です。

 

使用してみるとわかりますが
何故か皮膚はヒリヒリと痛み、肌は何時もより多く
脂でテカテカし、恥ずかしい。

 

そのストレスから学校を体調不良と嘘をつき
休む日も出て来る方も多いです。

 

ヒルドイドローション
ヒルドイドローションの副作用は
その効果です。

 

二本処方され、一本使い切っても
全くニキビは治らない所か、繰り返される何て事も多々あります。

 

プロトピック軟膏

 

プロトピック軟膏の副作用は
ヒリヒリほてるような刺激感があったり
毛嚢炎や口唇ヘルペスができやすくなったり
薬疹で痒くなったりという可能性があります。

 

また日光で刺激がでやすくなることもあります。

あごニキビを副作用の不安も無く完治させたMさん28歳の体験談


はじめまして。

 

私は神奈川県に住む
28歳(♀)のMと申します。

 

今回は私があごニキビを
副作用の不安もなく完治させた方法について
お話させて頂きます。

 

 

私があごニキビに悩まされたのは
26歳を過ぎてからです。

 

それまでニキビなんかほとんど出来ない体質だったのですが
突然プツプツプツプツとニキビに悩まされるようになりました。
(特に生理前は酷いものでした)

 

 

そこで心配になった私は
何かの病気かも?」と思い
安心したくて皮膚科に行く事にしました。

 

皮膚科はキレイな病院を選びました。
しかし皮膚科の先生はとても無愛想な方で正直嫌だった事を覚えています。

 

皮膚科では2〜3分程度の重苦しいニキビ診断をされ
「副作用はあるけど」と、薬を処方されました。

 

早速、家に戻り試してみると
そこからは地獄の始まりでした。

 

その副作用である
痒さと痛みと言ったら本当に地獄の苦しみでした。

 

辛くて辛くて、使うたびに泣いていましたし
いっそのこと、掻き毟ってしまおうかと思ったこともあります。

 

とにかく、、、、とにかく辛かったです。

 

 

ちなみに私が過去に処方され使っていたのは
プロトピック軟膏 と ヒルロイドローション です。

 

「ヒルロイドローションは良い!」と口コミをよく見かけるので
その効果に期待して、我慢しながらも使いましたが
私の場合はニキビが悪化し、その上ニキビも治りませんでした

 

それからプロトピック軟膏ですが
これは痒くて痒くてたまりませんでした。

 

しかも塗っていない所まで痒くなる始末で
頭がおかしくなりそうでした。

 

 

 

「どうして私ばっかりこんな目に合うんだろう…」

 

「こんなにあごニキビの治療が辛いなら、いっそ一生ニキビで構わない!」

 

 

あまりの辛さに限界を感じ絶望していた時
メルラインというニキビ用ジェルをネットで見つけました。

 

皮膚科にウンザリしていた私は
半信半疑でメルラインの口コミを読んでみた所
どうやら「医者でも皮膚科でもあごニキビが治らなかった人に選ばれているらしい
ということがわかり、恐る恐る使ってみる事にしました。

 

 

 

メルラインというニキビ用ジェルを使ってみた結果



一番最初に思った正直な感想ですが
ニキビ用コスメなのに『痛くない!痒くない!』ということでした。

 

これには嬉しかったですし、ビックリしました!

 

皮膚科で貰う薬に比べて
なんて優しいんだと思いました。

 

 

過去の経験から
ニキビを治すためには、痛みと痒みと戦わなくてはいけないと思っていましたが
こんなに楽にニキビを治す方法があるのか!?」と驚きました。

 

 

 


こちらにも記載がありますが
医薬品ではなく、医学部外品なので副作用がないんです。
なので、ウザったい痒みも痛みもありませんでした。

 

 


説明書はわかりやすくて助かりました♪

 

 


口コミもすごい(笑)

 

 

>>キャンペーン価格で買えるメルライン公式サイトはこちら

 

 

メルラインのテクスチャー

 


テクスチャーは私好みの質感さっぱり系。
ベタベタするのが苦手な私としては良かったです。

 

そして保湿感もあり、オールインワンなので
面倒くさがりとしては、「私のための商品だ!」と嬉しくなりました。

 

 


それから香りを気にされる方も多いと思うのですが
「ティートリー」というフトモモ科のハーブの香りです。

 

優しい香りがします。

 

 

メルラインの難点は?

 


商品的な難点ということではありませんがやや包装が過剰な気がしました。

 

私は派手なものよりも
シンプルな方が好きなので^^;

 

 

メルラインがオススメな人は?

 


きちんとニキビと向き合って
ニキビを治そうと思っている方にはオススメです。

 

一時的に治った所で意味がない。
正しい知識で丁寧に治したい。

 

そんな方にオススメです。

 

 

私の場合は
1つ目を使ってみた結果、ニキビが悪化しなくなり
2つ目を使ってみた結果、ニキビが小さくなってきて
3つ目を使ってみた結果、ニキビが徐々に消えていき
4つ目を使ってみた結果、ニキビがくりかえさなくなってきました。

 

 

私と同様に
腰をすえてあごニキビを治したい!
くりかえすニキビと永遠におサラバしたい!
という方にしか、オススメはできません。

 

 

今使ってみて5ヶ月になりますが、口コミで読んだ
医者でも皮膚科でもあごニキビが治らなかった人に選ばれているらしい

 

この理由がわかりました。納得です。

 

 

メルラインには180日間の返金保障があります

 


メルラインには180日間の返金保障がありますので
合わなかった場合は返品&返金が可能です。

 

ネットショッピングは商品を直接見ることができないので
返金保障があると安心して試せますよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

>>返金保障付き。メルライン公式サイトはこちら<<

 

※ もしキャンペーンが終わっていたらゴメンナサイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

えっ?コレなに?
 まさか28歳にもになってニキビ!?
  来月には結婚式もあるし、仕事は接客だし
   ニキビなんて見られたら絶対に不潔だと思われるし今すぐ治したい!!

 

以前の私はこんな風にニキビがコンプレックスになっていて
自分だけの力じゃ限界を感じ、皮膚科に行く事にしました。

 

 

ですが。

 

皮膚科にさえ行けばニキビが良くなるというのは
大きな間違でした
。(少なくとも私の場合は)

 

 

 

先生が怖かった

 

 

私が行った皮膚科は市内で一番大きい病院ではなく
地域密着型で近所の評判もボチボチなクリニックでした。

 

でも、いってみると・・・

 

待ち時間が長い(朝から行ったのに受診は3時間後のお昼過ぎ)
先生が怖い(無愛想で質問なんて出来そうもない雰囲気)
薬のせいで悪化(肌に合わず余計に赤みと吹き出物、かゆみが増した)

 

 

あー、こんなこんな事なら
皮膚科なんて行かなければ良かった。

 

心からそう思いました。

 

で、そんな経験から
私はニキビ薬の副作用について
いろいろ調べ、勉強しました。

 

 

 

 

 

 

そんな副作用に怖がっていた私も、今ではニキビで悩まされていません。

 

子供の頃からずっとニキビで悩んでいた私ですが
今ではたま〜にできる位で、気にならなくなり
肌のストレスを感じない幸せな生活を送っています。

 

1年を通して2〜3日くらいですかね。
「できたかな?」と思ってもすぐに消えるようになりました。

 

 

これまでの私は

 

・ 友達と写真を撮るときに写るのが嫌になったり

 

・ プールの後化粧ができなくとても目立つのが嫌だったり

 

・ ファンデーションやマスクなどで顔を隠すも悪化したり

 

・ ニキビのせいでイジメられていたり

 

・ 人とニキビの話題を話すことも嫌になっていたり

 

・ 汗をかくと痒くてたまらなかったり

 

・ 鏡をみてニキビを見つけてしまうとつぶしてしまったり

 

・ 寝不足や生理前に出来る大人ニキビに恐怖を覚えたり

 

・ 彼氏の前でスッピンでいるのが嫌だったり

 

・ 会社で「ぶつぶつちゃん」と呼ばれ泣いてしまったり

 

・ 毎日鏡を見るのが憂鬱だったり

 

・ 出来ては治って、治っては出来ての繰り返しだったり

 

・ 顎が綺麗な時がなかったり

 

・ みんなが顎を見ているような被害妄想から外出が嫌になったり。

 

365日、肌がとても汚くて毎日絶望していましたけど(笑)

 

 

で、この理由ですが
ある商品を見つけちゃったからなんです♪

 

かなりの数を買っているので
特に良かったものだけを抜粋して紹介しますね。

 

まず使い心地の良いオールインワンジェルはこれがオススメです。
私も「あっニキビが1つできちゃった」という時に頼っています。
→ これで副作用も無く大人ニキビを退治しました。

 

次に【ニキビ+肌荒れ】の場合はコレを使っています。
→ 副作用の怖い私が選んだ肌を良くする美肌セット

 

それからニキビ痕のケアにこれを使っています。
→ 肌が滑らかになりました。

 

「どれが一番良いのか?」と言われれば
正直な所「あなたのお肌の状態に一番あったもの」としか言えません。

 

また安いものではないので
衝動買いできる方は少ないと思います。

 

ですが、病院で処方される薬の
副作用よりは私は良いのでは?と思います。

 

お医者さんで処方される薬は強いです。
またデリカシーの無い先生にゴチャゴチャ言われるのも
耐えられないストレスです。

 

そして時間もお金も掛かるので面倒です。

 

 

であれば、多少高くても
自宅でサクッと治せるものに頼ってしまった方が
個人的にはらくちんだなと♪

 

1つの参考になれば幸いです^^

 

 

 

ニキビ薬の副作用が怖い私のオススメ3

【180日間返金保証】大人の肌荒れにはラ・ミューテ

ラ・ミューテ(lamutee)

シンプルな3ステップで大人ニキビを根本から改善
 生理前の痛々しいニキビが出来ずらくなった方多数!
☆安心の180日間返金保障+全国送料無料

 

→ 大人ニキビの根本原因って?

MELLINE(メルライン)

メルライン

☆鏡を見るのが楽しくなる日本1売れているあごニキビ用部外品!
 オールインワンなので生理前やニキビに悩む育児中のママにオススメ
☆安心の180日間返金保障+全国送料無料

 

どうしてあごやフェイスラインにばかりニキビが出来るの?

ニキビ跡を残したくないなら!!Reproskin(リプロスキン)

リプロスキン

☆ニキビ跡と真剣に戦うならこれ。
 お肌を健やかにする化粧水
☆安心の180日間返金保障+全国送料無料

 

→ 美肌育成の3つのポイント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニキビ薬の副作用って?

 

ニキビが酷くなってくると
誰もが検討するのは皮膚科での治療になります。

 

でも、その薬の副作用に悩まされる方も
少なくはありません。

 

皮膚科の薬と軽く見ている方は少なくありませんが
薬の副作用を知らないのは危険です。

 

薬の副作用の一例をあげるなら
痒くなってしまったり、かぶれてしまったり
酷いものになると薬の使用をやめた途端に
抑えつけられていたニキビが一気に吹き出す場合も!

 

ニキビの天敵はさわる事、掻くことですが
これを皮膚科で処方された薬にて痒くなってしまうからこそ
これを引き起こす事があるのです。

 

ニキビが痒くて辛いから
何とかしたくて皮膚科に行ったのに
その薬のせいで悪化してしまったら絶望的ですよね。

 

 

その他にも皮膚科での処方として
ニキビを潰す所もあります。

 

皮膚科にてつぶしてもらって
塗り薬を塗っていても赤みが消えない。

 

あごにポツポツと白く膿んでいるのができている方も
少なくはないわけですし。

 

 

また。

 

パッと見て「はいニキビね」と
診察が終了する病院も少なくはないです。

 

またニキビ薬を塗って一時的に治ったとしても
何度も何度も薬を塗ったことで治らなくなっている方もいます。

 

 

そんなストレスが溜まると更にニキビが酷くなり・・・
そんなループから抜け出せない方もいます。

 

 

というわけで当サイトでは
皮膚科で処方されるニキビ薬についての
副作用を解説していきます。

 

よく効くとされているニキビ薬には
相応の裏(副作用)があります。

 

しっかりとした知識をつけて
正しくニキビ薬と付き合ってきましょう。